見た目の印象が大事

鏡を見る婦人

コンプレックス解消のため

自分の体の中で気になっているところがある人がほとんどと言っても良いかもしれません。何かしらのコンプレックスがあることは仕方がありません。人によってはあまり気にしていないこともありますが、他方ではとても気にしてしまい、これを何とかしたいと本気で考える人もいます。前者であれば特に問題がないので良いのですが、後者の場合は改善する必要があります。隠れる場所であればあまり気にしなくて済むかもしれませんが、顔にほくろがある場合はコンプレックスになることもあります。大きいと一つだけでも目立ちますし、数が多くても気になるでしょう。どちらにしても気になることには変わりありません。簡単に自分で除去できると良いのですが、そういうわけにはいかないのでクリニックを受診して綺麗にしてもらう人がたくさんいます。美容クリニックであれば、事前に無料カウンセリングを受けることができるので安心した状態で治療を受けられます。無料カウンセリングがあるので、美容クリニックでほくろを除去する人がたくさんいるのかもしれません。しかも、美容クリニックは美容と名前が入っているように、人を綺麗にする治療をたくさん行っています。せっかく治療を受けても傷跡が残ってしまうと困りますが、そういう心配がほとんどありません。もちろん、絶対に傷跡が残らないとは言い切れませんが、保証がしっかりしていたり、最新機器を導入していたりとクオリティーの高い治療を受けられることが多いです。単にほくろ除去できるだけではなく、どこにあったのかわからないようにしてもらえる可能性が高いからこそ人気があります。美容クリニックには様々なサービスがあり、顔だけではなく全身を美しくしてくれるので多くの女性が利用しています。実は、ほくろ除去の方法も一つではなく大抵の美容クリニックでは2種類以上を用意しています。中でも主流となっている治療法は炭酸ガスレーザーです。炭酸ガスレーザーは小さいほくろを除去するために使われることがとても多いです。ある程度の大きさまでは対応できますので、多くの人が炭酸ガスレーザー治療を受けています。この方法であれば、メスを使うことがありませんし、傷跡が残りにくいです。出血がほとんどありませんし、短時間で治療できるので、複数取り除きたい人に良い方法かもしれません。大きくなってしまうと炭酸ガスレーザー以外の方法が良い場合もあります。メスを使う方法は2種類あり、その中の一つがくりぬき法です。その名の通り、ほくろの部分だけをくりぬいて除去する方法なので、他の場所まで切除することがありません。あまりにも大きい場合は縫合しないこともあり、傷口が治るまでに時間がかかるので他の方法にした方が良いこともあります。切除縫合法もメスを使いますがくりぬくのではなく、ほくろの周辺の皮膚も切除して縫合します。この方法であれば完全に取り除くことができるために再発のリスクがなくなるメリットがあります。5mm以上の大きさであればこの方法が適しているかもしれません。どれくらいの大きさかによっても最適な方法は変わりますので、実際に治療を受ける際には医師とよく相談した方が良いので、無料カウンセリングを有効に活用すると良いでしょう。

看護師

ほくろを取り除く治療

美容のためにほくろ除去手術を行う人もいますが、服に引っかかるなどの理由で治療を受ける人もいます。美容外科で手術を行う時は最初にカウンセリングをして、その後必要な書類を書けばほくろ除去の施術を受けられます。

顔に触れる女性

悪性か心配になったら

ほくろの除去をする時に悪性かもしれないという不安がある時には施術を受ける前に医師に相談をしておきましょう。また数多くの施術を受ける時には施術後に傷跡が目立ってしまうかもしれない可能性を考えて、施術のスケジュールを立てる必要があります。

医者

様々な方法がある

ほくろの除去をする方法には様々なものがありますが、メリットとデメリットを比較して自分に合った方法で治療を受けましょう。また費用は保険が適応されない場合には自由診療になりますが、小さなほくろの場合にはそこまで高額ではありません。